ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

RSS ATOM

『お坊さんだって、人間だもの」 タブーのようでタブーでない、公益法人(宗教法人)攻略法』(講師:米村 保樹)(第294回)

16,200円(税1,200円)

販売価格

16,200円(税1,200円)

購入数


自宅の周りにお寺や神社が何社あるか、数えてみたことはありますか?
実は日本のお寺や神社って、コンビニよりも多いんです。
2013年時点で、寺院の数は77,000寺以上、
神社は88,000社以上(有人の神社は20,000社以上)もあります。
ちなみにコンビニは2015年時点で51,000軒超と、寺院・有人神社の合計数の半分程度です。
気づいていないだけで、お寺や神社、つまり宗教法人は大きな生保マーケットになりえるんです。
「お寺に営業するなんてとんでもない!」と思うでしょうか。
確かにお寺は企業やドクター、士業よりも敷居が高く、近寄りがたいイメージがあります。
「お坊さんと何を話せばいいの?」
「お寺の収入って、どこからくるんだろう」
「お坊さんって退職するの? 退職金あるの?」等々、
何から何まで、分からないことだらけ。
「そもそも、世俗から離れているお坊さんに生命保険の話をしていいの?」と思うかもしれません。
もちろん、いいんです。
お坊さんも私たちと同じ人間です。人生があり、生活があり、将来があります。
むしろ、他の営業マンがアプローチしていないからこそ、生保営業の可能性が眠っていると思いませんか?

そこで今回は宗教法人マーケット開拓の専門家である米村保樹氏をお招きし、
公益法人(宗教法人)と生命保険について語っていただくことにしました!

■気になるセミナーの内容は……■

    ● お坊さんは個人事業主? それとも宗教法人?
    ● お坊さんと仲良くなるには “コツ” がある!
    ● えっ、お坊さんもこんなことで悩んでいるんだぁ!?
    ● 生保マーケットから見た、お坊さんと神主さんの違いとは?   etc…